主婦 キャッシング 総量規制

主婦の借入のキーワードは「総量規制」

主婦がキャッシングしたい場合、ご自身に収入があるのかないのかが重要となっています。
年収の1/3までしかお金が借りることができないというが『総量規制』という法律により定められています。

収入のある主婦

パート・アルバイト等で安定した収入がある主婦(夫)の方は、借入総額合算で年収3分の1までであれば、どの業者でも借りる事が可能です。
安定した収入があればご自身の証明(運転免許証等)があればキャッシングする事が可能です。

収入がない専業主婦主婦

収入のない専業主婦の方は「配偶者の所得証明や同意書」の提出が必要になります。
配偶者の所得と同意を明らかにすることで借りられるようになります。

 

専業主婦で配偶者に知られたくない場合は?

とはいえ、家族に内緒で借りたいという方もいるでしょう。その場合に収入証明書を配偶者に用意してもらう事ができません。
実は、銀行が運用しているキャッシング会社の場合は、総量規制が対象外とされています。
総量規制対象外の金融機関』であれば配偶者の所得証明や同意書は不要で借入が可能です。

 

下記におすすめの業者を紹介していますが、総量規制が対象かどうか記載していますので参考にして下さい。
総量規制対象外の金融機関の見方

 

▼ 総量規制にあわせてご自分の状況にあった借入先を見つけてください!  ▼

主婦に人気のキャッシングはこちら

三菱東京UFJ銀行カードローン

キャッシングを上手に利用する主婦にとって、気になるのは総量規制です。

年収によって上限が決定される総量規制が対象の場合は、パートやアルバイトなど収入がある主婦や配偶者の収入証明がないと借りれません。
三菱東京UFJ銀行のカードローンなら、銀行のカード総量規制の対象外になっています。
大手の銀行が運用して安心の三菱東京UFJカードローンを上手に利用して返済計画に役立てて下さい。



貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.6%〜14.6% 10万円〜500万円まで 対象外

レディースレイク

レディースレイクといえば大手の銀行新生銀行によって運営されているので安心してキャッシングすることができます。

また女性の専任スタッフが対応してくれるのではじめてでもさらに安心です。
女性の急な出費での借り入れににとても人気があります。
また、銀行が運営しているカードローンなので、収入の3分の1までしか借入できないという、総量規制の対象外です。
主婦にとっては返済計画など総量規制が気になる場面は、案外多いもの。
そんな場合でも、レディースレイクなら対象外ということを知っていれば、上手く利用することが出来ます。


貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.5%〜18.0%< 1万円〜500万円まで 対象外

主婦が気になるキャッシングの総量規制について

急にまとまったお金が必要となるのは、主婦であっても同じです。
キャッシングはこうした急な出費に備える際に非常に有効な手段といえます。
一般的には、会社勤めをしているサラリーマンや自営業の人など、一定の収入があれば誰でも利用できるのが、こうしたキャッシングのメリットであり特徴です。
主婦であっても、たとえばパートやアルバイトなどで毎月決まった収入があれば、それをもとにキャッシングを利用してお金を借り入れることができます。
収入は少ないながらも、パートやアルバイトなどで働いている主婦の場合は、こうしたキャッシングを利用できるという状態にあるため、安心して備えることができるといえるでしょう。

 

しかし、これが外に働きに出ていない専業主婦の場合、キャッシングを利用するハードルは決して低いとはいえません。
そのハードルのひとつといえるのが「総量規制」という法律です。
これは、キャッシングを利用するうえで借り入れすることのできる上限を定めているもので、規定によると年収の3分の1まで、と定められています。
つまり、キャッシングを利用するためには「年収」が必要となり、働きに出ていない専業主婦の場合、そもそも「年収」というものがありませんのでキャッシングを利用することはできません。

 

 

では専業主婦の場合はキャッシングが利用できないのかといえば、決してそのようなことはありません。
まず、総量規制という規定が「規制」の対象としているキャッシングとは、いわゆる「消費者金融」などからの借り入れです。
たとえば住宅ローンや自動車を買うためのローンなどは、こうした総量規制の対象外となっています。
ここでいう住宅ローンや自動車ローンというのは、銀行を通してローンを組んだ場合であり、家や車を買うために消費者金融でお金を借り入れた場合はその限りではありません。

 

つまり、銀行からの借り入れの場合は、総量規制の対象外となるのです。
キャッシング業者といえば、消費者金融や信販会社のカードローンなどが連想されますが、銀行からキャッシングを利用することもできますので、専業主婦がキャッシングで借り入れを受ける場合には、銀行系のキャッシング業者に申し込むことがおすすめです。

 

次に問題となるのが、「年収」です。
専業主婦の場合、外に働きに出ていませんので、本人に収入がありません。
本人の収入がなければ借り入れはできないと思われがちですが、業者によっては配偶者に一定の収入があれば、それを本人の収入と見なすことができる場合があります。
もちろん本人に直接収入があるわけではありませんので、借り入れできる金額には一定の上限があるものの、それでも専業主婦であってもキャッシングを利用できるというのは大きなメリットであるといえるでしょう。

 

不況の世の中ですから、常に自分の口座にまとまった資金があるとは限りません。
こうしたキャッシング業者は、まさに主婦にとって「転ばぬ先の杖」といえるでしょう。

キャッシングに関するおすすめサイト

ザ・収入証明書不要キャッシング
収入証明が不要で借りれるおすすめのキャッシング業者が詳しく紹介されているサイトです。

 

日本銀行 金融政策委員会
銀行の金融政策が金利に大きく影響します。こちらのサイトも要チェック。

 

アコムnavi
大手銀行系列のカードローンなので安心。アコムの審査を申し込む前に見ておきたいサイト。

 

秋田銀行
サイト管理者のお世話になっている地元の銀行ですが、借入について詳しく教えてもらえます。


このページの先頭へ戻る